消費者金融業について

s-20141127125245139279サラリーマンは一定の安い月給でしか貰えないのに、高額の家を持ったり、高級車を乗ったりできるのはローンを組むから、出来るのです。

そんなサラリーマンの為に、ちょっとしたお金を借入できるところを、はるか昔には、サラリーローンと呼んでいました。

それを略してサラ金と呼ばれていました。サラ金と言う名前は怖そうなイメージや、何か良くないイメージを持ちますが、サラリーマンが現金と言うお金を借りれるところと言う意味合いなのです。

車や家のローンは、車を買う時にローンを組み、家を買う時点でローンを組みますが、サラ金と呼ばれるサラリーローンは、買い物の目的をあやふやにしても、お金を融資して貰える所なのです。

例えばマウンテンバイクを買うのに現金が必要ですとか言ったとしても、マウンテンバイクの見積書や契約書や明細書や請求書なども見せなくても良いのです。

割合、借入趣旨を明確にせずにお金を借入できるところがサラリーローンです。今、そのサラリーローンは、名前が変わり消費者金融業と呼ばれています。

消費者金融業からお金を借りている人は今、消費者金融業の日本信用情報機構に置いてのデーターでは、1084万人以上いるといわれていますので、大多数の人が利用している現状です。

元はサラリーローンと言う名前がついていたからと言って、サラリーマンしか借りれないと言う訳ではなくて、毎月返済できる能力がある人と言う意味で、毎月収入がある人が借りれる枠に入れると言う訳なのです。

サラリーマンでなくても毎月継続してパートで収入があるとか、アルバイトや、派遣社員でも可能のなのです。

だから消費者金融業は、借り易い庶民的な金融業であるといえると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る