即日キャッシングの審査時間は最短で1時間!融資完了までに半日は見積もること!

即日キャッシングの審査時間は最短で1時間!融資完了までに半日は見積もること!

即日キャッシングでは審査完了と融資完了は違います

もしあなたが即日キャッシングを希望しているなら、平日の午前中など空いている時間を狙えば、最短で1時間程度で審査が完了します。

ただし、土日祝や大型連休を控えた金曜日の夕方などは、審査がどうしても混雑するので1時間以上かかるときもあります。

そこで今回は「即日キャッシングの審査時間を短くするコツ」について解説して行きたいと思います。

審査時間を短くするコツ!

必要書類を用意する
申告内容で嘘をつかない
限度額を低めに設定する

最近は即日キャッシングに対応したカードローンは多くなりましたが、銀行カードローンなどは土日祝の即日融資に対応していないことも多いので注意が必要です。

 

即日キャッシングが完了するには半日は掛かると思っておく

キャッシング業者を選ぶときは、審査時間の短さだけにこだわるのではなく、融資完了までの早さも考えて選ぶことも大切です。

と言うのも、最近は「最短”即日審査”」といった表現が増えてきて、審査をするのは当日だけど、融資が完了するのは1週間後というサービスの悪いカードローンも多いからです。(特に銀行カードローン)

また、サービス重視の消費者金融を選んでも、融資手続きのために自動契約機の中に入るなどの手間もある点は忘れてはいけません。

「即日キャッシングが完了するまでは半日は掛かる」

少なくともこれ位の気持ちでいれば、審査を申し込むときも気持ちにゆとりをもって申し込めるかと思います。

最近では銀行振込に対応した即日キャッシングも多いので、もし審査や融資のことなどで不安なことがあれば、担当オペレーターに相談すると良いかと思います。

 

キャッシングの審査時間を少しでも短くする3つのポイント!

キャッシングにかかる審査時間を少しでも短くするためには、冒頭でお伝えした「必要書類・申告内容・限度額」の3つがポイントになります。

他にも審査を申し込む時間帯なども関係しますが、遅くとも14時までに審査を申し込めば、即日融資に対応してくれるカードローンがほとんどです。

特に、大型連休の前後は審査が込み合うので、お金が足りないと感じたら早めに審査を申し込むようにして下さいね。

 

1.必要書類を用意する

最近の即日キャッシングでは「収入証明書なし」で審査が申し込めるところも増えてきました。

もちろん収入証明書なしのキャッシング審査を申し込むのも一つの方法ですが、おすすめなのはちゃんと給与証明書を用意する方法です。

やはりカードローン側としても、給与明細や確定申告書などの収入証明ができる書類があった方が審査も進めやすいからです。

特に「収入不足なんじゃ」とあなたが不安に感じるのであれば、むしろ書類を提出した方が審査での印象も良くなりやすいです。

直近の給与明細の中で、一番稼ぎが良かった給与明細を用意しましょう!

審査時間を早めるコツ!

  • 収入証明書は意外と効果的!
  • 運転免許証は裏面まで提出!
  • 健康保険証は住民票とセットで提出!

 

2.申告内容で嘘をつかない

審査時間を長引かせる一番の大きな原因は「申し込み内容に嘘や誤入力がある」ときです。

あなたの年収や職業に嘘をつくのは論外ですが、申告内容に誤りがあることで審査時間が長引くことは意外と多いんです。

特に携帯電話や勤務先の電話番号などの入力ミスが原因で、本人や勤務先に連絡がつかず、仕方なく審査に落とされるケースがあります。

特に派遣社員の方は、勤務先の連絡先は「派遣先ではなく派遣元を申告」するようにして下さい。

またアルバイトなのに年収が1000万円を超えているなど、明らかな嘘がある場合は審査落ちの原因にも繋がるので絶対にやめましょう。

審査時間を早めるコツ!

  • 年収や勤務先の嘘は厳禁
  • 携帯電話などの入力は慎重に
  • 派遣先ではなく派遣元を申告する

 

3.限度額を低めに設定する

審査時間を短くする最後のポイントとして「限度額を低めに設定する」と言うのがあります。

これは前回の「キャッシングの審査基準」でも解説しましたが、限度額を低めにして審査を申し込むとメリットが多いです。

特に限度額を低めにして審査を申し込むと、カードローン側も債権が回収しやすいと判断するので、審査通過率もアップしやすいです。

また高い限度額を希望する時は、収入証明書の提出が必須になることも多いので、給与明細などをすぐに用意できないのであればおすすめできません。

限度額の増額審査は、審査に通過した翌日からいつでも申し込めるので、即日キャッシングで希望する額は「今すぐ必要なお金」だけを希望するようにしましょう。

審査時間を早めるコツ!

  • 低い限度額の方が審査通過率が高い
  • 限度額は30万円までにする
  • あとで増額審査を申し込むのがおすすめ

 

審査に通ったあとは自動契約機か振込キャッシングを選択!

ここまでは即日キャッシングの審査時間を短くするためのコツやポイントについて解説をしてきました。

次に「融資完了まで」の時間を短くさせるポイントについて簡単に解説したいと思います。

基本的に即日キャッシングを申し込んだあとの融資手続きは「自動契約機」か「振込キャッシング」のどちらかを選択する事になります。

 

1.自動契約機でのカード受け取り

自動契約機でカードを受取る場合は、遅くとも自動契約機の営業時間内(たいていは夜9時まで営業)に中に入る必要があります。

自動契約機の中に入ると、オペレーターの音声だけ聞こえてくるので、本人確認書類などを提出して手続きを進めて行きましょう。

手続き時間は大体10分~15分程度で終了しますが、精神的にはもっと長く感じる時もあります。

カードを受取ったあとは、キャッシュカード感覚でいつでも提携先のATMでお金を借りることができるようになります。

もし自動契約機の中に入るのに抵抗を感じる場合は、カードを郵送で届けてもらうか、振込キャッシングを希望する方法もあります。

 

2.振込キャッシング

自動契約機以外の即日キャッシングの方法として「銀行振込でのキャッシング」があります。

この方法を選択すれば、自動契約機の中に入らずにお金を借りることができるので、自動契約機の中に入る姿を誰かに見られる不安もなく安心です。

ただし、振込キャッシングを希望する時は、遅くとも14時までに審査申込を完了させないと、銀行の営業時間に間に合わなくなる可能性がでてくるので注意が必要です。

プロミスやモビットなどの消費者金融を使えば、公式アプリ経由でいつでも振込キャッシングの操作ができるのでおすすめです。

またカードが欲しくなった時は、いつでも自動契約機や郵送でカードを受取ることができます。

 

即日キャッシングを希望するときは遅くとも14時までに申し込みを!

今回は即日キャッシングの審査時間を短くするためのコツやポイントについて解説をしました。

繰り返しになりますが、即日キャッシングを希望する時は遅くとも14時までに申込を完了させておくことが安全です。

これは自動契約機でキャッシングを考えているときも同じで、審査が完了するのは最短で1時間かかるからです。

「最短で1時間」ということは、普通はもっと時間がかかるということ。これがゴールデンウィークや年末年始など大型連休の前後であればなおさらです。

だからこそ、審査を申し込む時は余裕をもって早めに審査を申し込むようにして下さい。

できれば平日の午前中に審査を申し込めば、比較的スムーズに審査も進んでいくのでおすすめです。

また銀行カードローンなどは土日祝の即日キャッシングに対応していないことも多いので注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る