クレジットカードとカードローンの根本的な違いはコレ!

はじめに

一般的に同じ金額を使う、または借りるのであれば、クレジットカードの方がメリットがあります。

それはなぜなのでしょうか?
「クレジットカードとカードローンではどんな違いがあるのか?」
「いったいどちらにした方が得なのか?」

いろいろな点で比較してみましたので、クレジットカードとカードローンの違いについてご紹介します。

クレジットカードを利用する時の3つのメリット!

クレジットカードならではの様々なサービスが受けられることが最大のメリットになります。
その代表的なものは以下になります。

ポイントが付く
色んなお店で使える
リボや分割払いが使える
キャッシングが使える

どれもクレジットカードならではのサービスです。
クレジットカードを利用するとこれらのメリットが享受できるのです。

カードローンを利用する時の3つのメリット

では、一方で、カードローンにはメリットがないのでしょうか?そんなことはありません。カードローンにもいくつかのメリットはあります。

現金として使える
色んなATMで利用できる
返済の相談が柔軟

等が、カードローンのメリットと言えるでしょう。
特筆すべきは3番目の返済の相談ができるという点です。
これはクレジットカードにはないありがたいシステムです。

ですから使い道によって、クレジットカードとカードローンを使い分けるというのが、最も賢いお金の使い方だと言えます。

では、どうやって使い分ければ賢い使い分けができるのでしょうか?
ポイントは以下になります。

クレジットカードとカードローンの使い分けのポイント

ポイント
1.キャッシングを使うのであれば、金利が安いほうを選ぶ
2.返済に不安があるならカードローンを選ぶ
3.ショッピングをするならクレジットカードを選ぶ

このようなポイントに注意すれば、上手に使い分けることができます。

1.キャッシングを使うのであれば、金利が安いほうを選ぶ


キャッシングをするのであれば、とにかく金利の安さを最優先に選んで下さい。

たいていのクレジットカードには、キャッシング機能がついています。
ですからどちらを利用してもキャッシングはできます。
であれば、返済のことを考えて、少しでも金利が安いほうを選ぶと良いでしょう

クレジットカードのキャッシング枠の金利は、毎月の利用明細に記載されていますから、それを見れば確認できます。

一方、カードローンの金利は、借入限度額によって異なりますが、カードローンのホームページで簡単に確認することができます。

また、クレジットカードの場合は利用金額によってポイントがついてきます。
このポイントは現金化できます
ので、実質の金利が下がることにつながります。

この点も比較の際には考慮してください。

場合によって適用される金利はそれぞれ異なりますので、借りようとしている金額の場合の金利を比較してみましょう。

一概にどちらが安いとは言えませんので、必ず比較して、賢く使ってくだい。

2.返済に不安があるならカードローンを選ぶ

これはキャッシングの場合に限った話になりますが、クレジットカードの場合、分割払いでも、リボルビング払いでも、月々の返済額は自動的に決まってしまいます。

カードローンの場合も基本的には、月々の返済額は借入残高によって一義的に決められてしまいますが、クレジットカードとの大きな差は、返済相談ができるという点です。

事情があって、どうしても請求額通りの返済ができない場合、柔軟に対応してくれるのはカードローンの方です。

場合によっては金利分だけ返済すれ米いなんてケースもあります。

カードローンの方が返済に融通が利くという点から、返済に不安があるなら、カードローンを選ばれた方が良いでしょう。

3.ショッピングをするならクレジットカードを選ぶ

最後に、ショッピングをする場合です。
最近ではどこのお店でもクレジットカードが使えます。
ですから必ずしも現金でなくても買物はできます。

クレジットカードのショッピング枠を利用する場合、返済方法が分割であれリボルビング払いであれ、一般的にカードローンよりも金利が安いので、クレジットカードを利用する方が、お得です。

ショッピングをするのであれば、比較するまでもなくクレジットカードの方を選んでください。

実はカードローンよりもクレジットカードの方が審査が厳しい


ここまで、クレジットカードとカードローンの賢い使い分けについて説明してきました。
場合場合によってどちらが得なのかは変わってきます。
ですから、両方を持っているのが最もお得なのですが、クレジットカードの申し込みについては、1点注意事項があります。

クレジットカードの審査というのは、カードローンの審査よりも厳しい傾向にあります。
得に利用限度額の部分で差が出てきます。

ですから、既に何社かから借り入れていたり、カードの返済残高が多い場合には、クレジットカードの審査の方がより不利になります。

また、勤務先や勤続年数も審査に対象です。
特にクレジットカードの場合、勤続年数が1年未満であったりすると、審査上不利になります

最後にクレジットカードの場合の特別な審査基準もあります。
クレジットカードの審査には、保有資産を調べるといったこともあります。
不動産などの資産があれば、万が一返済不能に陥った場合の担保になるからです。

カードローンの場合は、無担保で借りることができますので、保有資産の項目はクレジットカード独自の項目です。

この審査があるので、クレジットカードの方が審査が厳しいということになります。

生活費や学費の補てんなどに使いたいならカードローンがおすすめ!

最後にもう一つ、クレジットカードとカードローンの際について触れておきましょう。

月々の返済額を比べると、一般的にカードローンの方が安くて済みます。
借入額によっては月に数千円の返済で済む場合もあります。

一方、クレジットカードのキャッシングの場合は、月々の返済額は1万円以上になります。

ですから、カードローンの方が月々の返済が楽になります。
その分返済期間は長くなり、支払う利息は高くなってしまいますが、生活に余裕ができるという点では、カードローンの方に軍配が上がります。

もし、生活費や子供の学費などが足りなくなって、お金を借りようというのであれば、カードローンの方をお薦めします。

特に銀行系のカードローンがお薦めです。金利は最も安いですし、月々の返済額も少なくて済みます。
また、借入限度額も、総量規制の対象外ですから高く設定できます。

銀行系のカードローンは審査が厳しめという評判もありますが、クレジットカードの審査と比べると、審査項目が少ない分だけ、ハードルは低くなると考えられます。
しかも完全に無担保で借りられます。

また、返済に困ったときには返済相談にも乗ってくれますので、総合的に見て銀行系カードローンの方が安心です

クレジットカードは持っているけど、カードローンのカードは持っていないという方が多いでしょう。
どういったところに申し込めばいいのかわからない方も多いと思います。

そんな方には三井住友銀行みずほ銀行のカードローンをお薦めします。

詳細は、カードローンのホームページをご覧ください。

三井住友銀行


三井住友銀行口座を持っていれば契約までwebのみで完結!最短30分審査で借りれます。

三井住友銀行カードローン
公式サイトへ

みずほ銀行


みずほ銀行のカードローンは、web完結申し込み可能。簡単便利で借りやすいのが特徴です。

みずほ銀行カードローン
公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る