キャッシングの返済方法は?リボ払いと何が違うの?

はじめに

カードローンの返済方法はどうなっているのでしょうか?
クレジットカードのリボ払いとの違いは何なのでしょうか?

実はいろいろな差があります。
ここではその差について詳しく説明していきます。

クレジットカードとカードローンの返済方法って違うの?

クレジットカードとカードローンの返済方法というのは、基本的に異なります。

クレジットカードの場合、返済方法は分割払いとリボルビング払いがあります。
(その他に一括払いという方法もありますが、その場合はこの記事を読む必要がないと思いますので説明は割愛します)

分割払いの場合は、分割回数を指定すると、自動的に月々の返済額が決まります
そしてその月々の返済額は完済するまで変わりません。

リボルビング払いを選択した場合は、クレジットカード契約時に決まった、毎月の返済額によって一義的に月々の返済額が決まります

こちらも完済までの月々の返済額は変わることはありません。

これに対してカードローンの場合は、借入残高によって月々の返済額が変わってきます

つまり返済が進めば、月々の返済額が少なくなってきます。
この点がクレジットカードとの決定的な差です。

キャッシングの返済方法は?リボ払いと何が違うの?

クレジットカードでキャッシングした場合の月々の返済方法は、クレジットカード会社によって多少は違いがあるものの、調べた限りでは一括払いかリボルビング払いになるようです。

一時的に現金が必要になった場合には、一括払いを選択されるケースが多いようですが、たいていの方は月々の返済が楽な、リボルビング払いを選択されているようです。

ですから、多くの場合は、キャッシングの返済方法はリボルビング払いということになります。

リボルビング払いの場合、クレジットカード契約時に決められたリボルビング払いの毎月返済額に沿って返済をしていきます。

ですから、借りた金額にかかわらず、月々の返済額は完済まで一定になります。

この点が、カードローンの返済方法と大きく異なります。

基本的に限度額に応じて返済額が決まるのがカードローン

カードローンの月々の返済額は、毎月の借入残高によって変わってきます

ですから、返済が進むと月々の返済額は減りますし、追加で融資を受けた際には、月々の返済額が高くなります。

つまり月々の返済額は借入状態によって変動するのです。
クレジットカードの返済とは大きく異なることがお分かりいただけると思います。

ですから、借入額が少ない場合は、月々の返済が楽なのはカードローンの方で、借入額が多い場合は、逆にクレジットカードの方となります。

カードローンでキャッシングした後の3つの返済方法

消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りた場合、返済方法は3通りあり、自分の都合に合わせて選択できます。

その返済方法は、次の3つです。

ATMからの入金
銀行振り込み
口座引き落とし

ついつい返済日を忘れがちなのであれば、口座引き落としを選べば良いですし、都度手続きをするの額にならないのであれば、ATMからの入金や銀行振り込みにするのもいいでしょう。

1.ATMからの入金

まず最初に、ATMからの入金による返済です。

これは毎月決められた期日までに、ATMのあるところまで行って、返済額を納めるものです。

最近ではコンビニにあるATMとも提携していますので、全国どこでも簡単に返済することができます

また、ATMで返済する場合、追加返済をすることもできます。
月々の決まった額以上に返済できるときはいつでも何回でも追加返済することとができますので、とても便利です。

2.銀行振込

カードローンの返済では銀行振り込みを選択することもできます。

最近ではインターネットが発達しており、ネットバンキングで振り込みができますので、自宅でパソコンを操作するだけで返済をすることができ、とても便利です。

正しこの返済方法の場合は、振込手数料がかかってしまいますので、その分支払う額は高くなります。
利便性を取るのか、安いほうを取るのかは自由ですので、使い勝手の良い方を選んでくださいね。

3.口座引落

もう一つの返済方法が口座引き落としです。

毎月決まった日に自動的に口座から引かれていきます。
返済期日を忘れがちな方にはこの方法をお薦めします。

わざわざATMに行く必要もありませんし、毎月インターネットから操作をする必要もありませんので、非常に楽です。

ただし、引き落とし額以上の口座残高があることだけは事前に確認しておくことが必要になります。

引き落としには手数料がかかりませんので、この方法が一番お薦めです。

カードローンの返済は多めに返済することも可能!

カードローンの返済は、基本的に毎月指定された額を支払うのですが、手元の資金に余裕がある場合などは、追加返済が可能です。

いつでも何回でも利用することができます。
たとえ1,000円でも余裕ができたのであれば、このサービスを利用して、早目に返済することをお薦めします。

住宅ローンの一部繰り上げ返済みたいなものですので、返済期間は短くできますし、支払う利息も安く済ませられます。

追加返済の方法は銀行や金融業者によって異なります。
事前連絡をして振込む場合と、連絡不要な場合があります。

自分が利用しているカードローンでの方法は知っておいてください。
カードローンのホームページで、返済方法のページを見れば、追加返済の説明が必ず載っています。
そちらでご確認ください。

カードローンならクレジットカードよりも柔軟な返済計画が立てられます!

カードローンの場合、返済額は借入残高によって変わってくると説明しましたが、借入金額によって月々の返済額は一義的に決まってきます。

しかも返済が進むと、月々の返済額は徐々に減っていきます。
ですから、返済計画が非常に立てやすいというメリットがあります。

しかも、お金に余裕ができたら、いつでも何回でも追加返済ができるのですから、返済を前倒しすることが可能です。

カードローンの場合は、返済相談にも乗ってくれますし、ホームページには返済シミュレーションのサービスもありますので、いつでも返済計画を立て直すことも可能です。
ですから、返済計画にも融通性があります。

また、クレジットカードのキャッシングの金利よりも、カードローンの金利の方が安いのが一般的です。
ですから返済期間が同じだとすれば、総返済額はカードローンの方が安くて済みます

基本の返済額はいつでもわかるし、一部繰り上げの返済も可能で、金利が安いというのはカードローンの特徴であり、魅力的なところです。

クレジットカードの場合も繰り上げ返済はできますが、返済シミュレーションや返済相談といったサービスがありませんので、返済計画を立てにくいというデメリットがあります。

ですから、計画的に返済を進め、早期に完済しようというのであれば、カードローンの方がお薦めです。

ではどういったところでカードローンを申し込めばいいのでしょうか?
申し込める金融機関はたくさんあります。

銀行系のカードローンもあれば、消費者金融のカードローンだってあります。
なかなか選べないかもしれません。

ここでお薦めするのは、銀行系のカードローンです。

銀行系のカードローンは、消費者金融よりも金利が安く、借入限度額も高く設定できます。

しかも収入証明が不要になる限度額も銀行系の方が圧倒的に高いのです。
銀行系の中でもお薦めしたいのが、三井住友銀行のカードローンです。

三井住友銀行カードローンは、審査時間最短30分です。
しかも銀行系だから借りた後も安心です。

まずは三井住友銀行カードローンのホームページをのぞいて見てください。

三井住友銀行カードローンのホームページはこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る