風俗嬢でもできる即日キャッシングの審査に通る対策!

はじめに

カードローンによるキャッシングは、どんな方でも申し込めるのでしょうか?

「雇用形態が不安定でも即日キャッシングは可能なのか?」
「その条件は?」

など、どうすれば即日キャッシングができるのかについて説明いたしましょう。

風俗やキャバクラ関係の人は即日キャッシングができるのか?

一般的に消費者金融のカードローンの審査基準は次の3点になります。

継続して安定した収入があること
過去に返済事故の履歴がないこと
借入限度額が年収の1/3以下であること

難しいことではありません、この3点を満たしていれば審査にパスすることができます。

では風俗嬢の場合はどうなのでしょうか?
基本的には審査基準は変わりません。
ですので一般の方と大差はないのです。
ではどういったことに気をつければ良いのか。

ポイントは次の点です。

審査基準を満たせば必ず借りれる!
給与明細があるかがポイント!
在籍期間は1か月でも長く!

以上の3点が、審査に通るためのポイントになります。

即日キャッシングをするのに職業の貴賤はありません!

カードローンで即日キャッシングを受けるときに、職業による差別はありません。
求められるのは継続的に安定した収入があるかどうかと、過去に返済事故を起こしていないかという2点になります。

わかりやすい例でいうと、芸能人とサラリーマンで比較すると良いでしょう。
芸能人は、月々の収入にはかなりのばらつきがあります。
仕事のなかった月には収入が0になりますし、たくさん仕事をした月には高額な収入を得ることができますが、安定した収入とはみなされませんので、審査には通りにくくなります。

サラリーマンの場合、残業代を差し引いた固定給で見れば、毎月の安定した収入が得られていますので、審査基準をクリアすることができます。

つまり職業で審査基準が左右されることはなく、その人の収入が安定していることが大きなポイントになってくるのです。

ですから、風俗嬢であっても、毎月安定的に収入が得られているのであれば、収入面での審査基準はクリアできるのです。

あなたが即日キャッシングの審査に通る3つのポイント!

カードローンの審査は職業に関係なく受けることができます。

要は基準を満たせばだれでも借りられるということです。
では審査基準にはどういうものがあるのでしょうか?

おさらいになりますが、消費者金融の場合、審査基準は以下の3点です。

      1.継続して安定した収入があること
      2.過去に返済事故の履歴がないこと
      3.借入限度額が年収の1/3以下であること

この中で風俗嬢が困る点として挙げられるのは、毎月安定した収入が得られているかどうかという点になると思います。

このポイントをクリアするためには、長期間同じお店で働いていることと、給与明細をもらっていることになります。

1.審査基準を満たせば必ず借りれる!

カードローンの審査基準には、職業という項目はありません。

つまり、一般の方と同様に審査基準をきちんと満足していれば、審査に通ることができます。
収入面や信用面での基準をパスすればいいのです。

ただし、職業に関連した項目で、「安定した雇用形態なのか」という点は審査の対象になります。
つまりこれからも安定した収入が得られ続けるのかといった視点での審査が入るわけです。

風俗嬢の場合、このポイントをクリアするのが結構厳しいかもしれませんが、この後説明する2つのポイントに注意すれば、この難関もクリアできます。

2.給与明細があるかがポイント!

まず最初にポイントとなるのが、給与明細があるかということです。

優良な風俗業者の場合、給与明細書を必ず発行して、給与を渡しているはずです。
そういった場合には何も問題ありません。
店側で源泉徴収をしていて、納税しているのであれば尚更可です。

収入証明の書類としてそのまま使えますので、収入面の基準はクリアできます。

問題になるのは、給与明細をもらっていない場合です。
風俗業者によっては、財務管理がおろそかで給与明細すら発行しておらず、税金を納めていない業者がいます。

こういった場合はたとえ毎月100万円以上稼いでいたとしても、それを証明するものがありませんので、審査基準をパスすることができないのです。

こういった場合は、自分で確定申告をしていれば、確定申告書の写しや納税証明書で収入が証明できるようになりますので、いつかカードローンを申し込む可能性があれば早めに確定申告をすることをお薦めします。

きちんと納税していれば、何も問題はありません。

3.在籍期間は1か月でも長く!

2つ目のポイントですが、きちんと給与明細をもらえているのであれば、できるだけ長くそのお店に勤務することをお薦めします。

審査基準の一つに、安定して継続的な収入があるという項目がありますので、”継続して”を証明するためにも1ヶ月でも長く同じお店に在籍しているほうが有利になります。

もしもいろいろなお店を転々としているのであれば、その対処法というのもあります。
それは収入証明が不要な借入れ限度額に抑えるということです。

消費者金融の場合、大体50万円ぐらいが収入証明不要の目安になります。
ですから審査を申し込む際には、これ以下の限度額で申し込むようにしましょう。

限度額はあとからでも引き上げることは可能です。
同じお店に長いこと勤務してから、限度額を引き上げればいいのです。
ですから最初だけは限度額を低めに抑えてください。

在籍確認を代行する会社は絶対に利用してはダメな理由!

最近では、カードローンの在籍確認を代行で行う業者も増えています。
在籍確認代行業とはどういうものなのでしょうか?

一言で言うと、「アリバイ会社にお金を払って、自分の代わりに在籍確認を受けてもらうこと」です。
お金を払って別の会社で働いているというアリバイを作ってもらいます。

風俗嬢の方は、勤めるお店に電話がかかってくることを嫌がる人が多いでしょう。
でも、代行サービスを使うことは絶対に避けてください

代行サービスの内容だけ聞くと手軽で楽だし、バレる心配がなく安心だと思うかもしれませんが、そこには落とし穴があります。

代行サービスを使った場合、バレたらアウトです。
代行がバレたら、恐ろしい結末が待っています。

まず、最初に被害を受けるのが強制解約です。
これはその時点で一括返済をしなければならなくなりますので、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。

ですから代行サービスを使うとそれなりの代償が待っているわけです。

次に影響が出てくるのが、あなたの信用情報です。
カードローンが解約されたとなると、ブラックリストに名前が載ってしまいます。

すると他の金融業者からもお金が借りられなくなってしまいます。
お金がなくてお金を借りようとしたのに、おどこからもお金が借りられなくなる。
とても怖いことです。

さらに悲しい結末が待っていることもあります。
あなたが詐欺で告訴されるというケースも考えられます

裁判沙汰になれば、判決が下りるまでに時間がかかりますし、弁護士費用も馬鹿にはなりません。

ですから、在籍確認代行業者は決して使わないでください

即日キャッシングを考えるならプロミスがおすすめ!

その代わりに、合法的に勤務先への在籍確認の電話を回避することができる方法をお伝えしましょう。

それは、書類による在籍確認です。
プロミスの場合、職場への電話が嫌な場合に相談すれば、書類審査に変えてくれます。

必要な書類は給与明細や健康保険証、社員証などになるのですが、風俗店に勤務されている場合は、給与明細ぐらいに限定されてしまいます。

ですから給与明細をもらっているかどうか非常に重要になるのです。

在籍確認を完了できれば、審査は終了です。
晴れてキャッシングができる状態になります。

もし、あなたが即日で現金が必要ということであれば、当日審査をしてくれる金融業者を選びましょう。
最短30分とか60分とか当日審査をしてくれる業者はたくさんあります。

その中でもお薦めするのはプロミスです。

プロミスではWeb申し込みなら即日融資が可能です。
しかも前述のように在籍確認も職場への電話以外の方法に切り替えてくれますので、非常に便利だと思います。

まずはプロミスではどういったサービスをしているのか、ホームページを見てください。きっとあなたの力になってくれる情報があると思いますよ。

プロミスのホームページはこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る